2016年7月23日

人に見てもらえるホームページ作り!3つのポイント

イメージに合ったデザインに

ホームページもデザインがとても大切です。まじめなニュースなどについて取り上げるページならば、全体のデザインもカッチリと固い雰囲気にした方が合っているでしょう。可愛いペットについて取り上げたようなサイトなら、背景や文字の色も温かくて優しい色合いにしたり、ポップなアイコンを使ったりすると見る側も好印象になります。イラストや写真のサイトなら、ところどころに画像を載せると、どんな作品のあるホームページなのかわかりやすいです。

1ページあたりの情報量はほどほどに

1ページにあまりに情報を詰め込み過ぎると、読む側は疲れてしまいます。右側のスクロールバーがうんと短かったりすると、それだけでバックしてしまう場合もあるのです。ですので、中身が長くなりそうなら、ページを分けてリンクでつなぐようにします。ページを増やすことで、その分検索にも引っかかりやすくなるメリットもあります。ページが分けられていることで、読む側も圧迫感がありませんし、キリのよいところで一旦休憩するということができます。

あまり横幅を大きくとらない

横幅を大きくとりすぎると、画面からはみ出て見づらくなります。パソコンは縦のスクロールはやりやすくても、横のスクロールには向いていません。自分のパソコンでは綺麗に表示されていても、もっと画面の幅の狭い別のパソコンから見たらはみ出ている場合もあります。また、お気に入りバーを横に出すことでさらに画面の幅は狭まります。そういったことも意識して、横幅はゆとりが残るくらいにしたほうが安心です。また、横に長い文章は読みづらいという点もあります。

ホームページ作成は、HTMLという言語を使い、メモ帳にプログラムのようなものを書けばできます。またホームページビルダーのようなソフトを購入すると、もう少し高度なものが簡単に作ることができます。