2016年9月23日

気をつけて対応したい!?ネット誹謗中傷の対策

ネット誹謗中傷とその対策

ネット誹謗中傷は、インターネットを経由して生まれるいわれのない中傷や悪意ある記事などのことです。マイナスイメージを誘発させるものが多く、個人から企業までいろいろな形で発生しています。対策としては誹謗中傷の原因を突き止めること、その原因となる記事、画像などの排除ですね。後は広まった情報が目につかないようにすれば、解決に近付くでしょう。対策を専門とするプロもいるので、そちらにお任せすることもできますよ。

ブログや掲示板などからも

有名ブログはもちろん、個人的な知名度の低いブログからでも誹謗中傷は発生する恐れがあります。個人を名指しして生まれた中傷記事は特に悪質なものであり対策が早期に必要といえます。またユーザーを特定しての批判、否定なども誹謗中傷にあたることがあります。過去にはゲーム内での悪質行為がネット誹謗中傷にあたるとして裁判沙汰になりかけた例もあるほどです。大型の掲示板などで誹謗中傷されるとしばらく人目に付くので気付いたら削除してもらいましょう。

管理者権限に頼る手段も

掲示板、SNS、ブログなど、それぞれ管理者が存在し誹謗中傷に対応してくれることもあります。対応のスピードは様々ですが、管理者権限を行使できるためネット誹謗中傷の対策としては有効的です。ちなみに動画サイトなどでも誹謗中傷があった際にはユーザーを特定した上で、アカウントの排除や凍結などを行ってくれる場合があります。ユーザー登録時に個人情報が必要な動画サイトであれば、同一人物での誹謗中傷は発生しにくいですよ。

逆SEOのポイントを確認するために、複数のIT関連企業のノウハウを参考にしながら、地道に対策を立てる必要があります。